ビジネス 書評 生活

【書評・感想】迷路の外には何がある?

投稿日:

どうも社内ニートです。

今回読んだ本は、
スペンサー・ジョンソン著
『迷路の外には何がある?』になります。


この本を読もうと思った動機

『迷路の外には何がある?』は
『チーズはどこへ消えた?』のその後の物語が書かれていて、
小人のヘムのその後について書かれています。

■【書評・感想】チーズはどこへ消えた?

『チーズはどこへ消えた?』のテーマは『変化』にどう付き合っていくかです。
とは言っても、書かれている内容は変化に適応していくことがよいとありますが、
具体的にどうすればいいかまでは書かれていません。

本書『迷路の外には何がある?』では、
変化にどう適応していくか具体的な方法が書かれています。

その方法が知りたかったことと、
物語の続きが気になったので本書を読むことにしました。

著者の紹介

著者のスペンサー・ジョンソンさんは医学博士・心理学者であり、
著作活動も行われています。

物語の要約

注意事項
これ以降『チーズはどこへ消えた?』の物語のネタバレを含みます。
まだ読まれていない方は是非読んでみてください。

 



『チーズはどこへ消えた?』の物語の要約

まずは『チーズはどこへ消えた?』の物語を振り返ります。
小人のヘムとホーは迷路の中でチーズを探し求めます。
やがて、チーズが大量に置かれているチーズ・ステーションを発見します。

しばらくの間はチーズ・ステーションに置いてあるチーズを楽しみますが、
ある日チーズ・ステーションからチーズが消えてしまいます。

最初はヘムとホーはチーズが消えてしまったことにうろたえます。
ヘムはなぜチーズが消えてしまったのかと考え続けるだけで、
チーズは探しに行きませんでした。

最初はヘムを同じように考えていたホーですが、
新しいチーズを求めて、迷路の中を探し求め始めて、
ついに以前よりも大量、種類の多いチーズ・ステーションを発見します。

『迷路の外には何がある?』の物語の要約

小人のヘムはチーズが消えてしまったチーズ・ステーションにまだいます。
相方のホーがなぜ帰ってこないのかと考えるうちに、
別の考え『なぜ僕はホーと一緒に行かなかったのだろう』という考えが生まれます。

ようやくホーとチーズを探し求めるため、
迷路の探索を開始したヘムですが、
途方もない迷路と空腹に耐えかねて眠ってしまいます。
眠りから覚めると赤い小さなものとホーではない小人ホープと出会います。

そして、ヘムはホープとともに、
今までの自分の考え方を振り返りつつチーズを探し求め始めます。

重要だと思ったこと・まとめ

信念は強力なもの

信念とは自分が真実だと考える事実のこと

とあります。

また、

信念と真実は違う

ともあります。

自分がこうだ!と思ったことを信じるつまり、信念を持つことは重要です。
ですが、信念は非常に強力なもので、
ときに一つの断固とした信念が社会や会社を倒してしまうことがあります。

本書の中では、
不沈船と呼ばれたタイタニック号が、絶対に沈没しないという過信から、
充分な救命ボートを搭載していなかったことで、
1500名以上もの死者をだしてしまったことや、
ビデオレンタルチェーン店の衰退や、
書店がオンライン書店の存在を軽視していたことといった例が挙げられています。

信念と真実は異なります。
真実と異なる信念を持ち続けるとこのように大きな失敗を招いてしまいます。
信念は変えることができ、新しい信念を選び取ることができます。
真実と異なる信念に固執することなく、
『変化』のタイミングで新しい信念を選び取っていけばいいのだと思います。

迷路とは

『チーズはどこへ消えた?』では迷路は

迷路:チーズを追い求める場所、会社・地域・社会・家庭の象徴

のように紹介されていました。

本書では迷路は『自分の考え方』と紹介されています。
迷路の中でチーズを探し求めることも重要ですが、
もっと重要なことは迷路の外には何があるか。
つまりは自分の考え方、信念を新しく変えていくということが、
『変化』に対応していく方法だと思います。

本を読んで行動したこと(しようとしていること)

  • 『変化』に対応するように自分の信念を新しくしていく

最後に

『チーズはどこへ消えた?』と『迷路の外には何がある?』と一緒に読んでみましたが、
現在コロナウィルスの影響で『変化』を求められる今の世の中にぴったりな内容だと思います。

ジャンルとしてはビジネス書ですが、物語形式なので非常に読みやすいです。
1時間もあれば読むことができるくらいのボリュームですが、
それ以上に考えさせられるものがあります。

『チーズはどこへ消えた?』のその後の物語の詳細を知りたい方や、
どう『変化』に対応していけばいいかわからない方は是非読んでみてください。

まとめ

書籍名
迷路お外には何がある?
著者
スペンサー・ジョンソン
門田美鈴 訳
こんな人にオススメ
『チーズはどこへ消えた?』を読んだことがある方
どう『変化』していけばいいか悩んでいる方
知ることができる情報
どう『変化』に対応していくかという具体的な方法

ご興味を持たれたら、是非読んでみてください。

-ビジネス, 書評, 生活

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.