イベント ロードバイク

佐渡ロングライドに出場します!!

投稿日:

どうも社内ニートです。

2020スポニチ佐渡ロングライドに出場します!!

佐渡ロングライドとは

正式名称は「2020スポニチ佐渡ロングライド」です。

新潟県の佐渡島を舞台としたロングライドイベントです。
ロングライドなので、タイムを競ったりするレースではありません。
道中のエイドステーションで配られる佐渡の名産を楽しんだり、
佐渡の自然の景色を楽しむことが目的のイベントです。

コース

今年から新たなコースが新設され、大きく5コースとなりました。

コース 距離 難易度
Sコース 180km 超上級者向け
Aコース 210km 超上級者~中級者向け
Bコース 130km 中級者向け
Cコース 100km 初・中級者向け
Dコース 45km 初級者・ファミリー向け

この中で社内ニートは210kmのAコースに参加してきます!!

なぜAコース?

Aコースを選択した理由は2つあります。

自分の限界に挑戦する

佐渡ロングライドは大学の時に1度参加したことがあります。
そのときはBコース:130kmに参加して、完走できました。
それから10年近く時が経ち、今年2019年にツールド東北 南三陸フォンド:170kmを完走しました。


次はもっと長い距離に挑戦したいということでAコース:210kmに参加することにしました!

○○イチをやってみたい

ロードバイク界隈では○○イチという言葉があります。
○○イチとは○○を一周するという意味です。
有名どころでは、琵琶湖を1周するビワイチだったり、
霞ヶ浦を1周するカスイチがあります。
今回のAコース:210kmは佐渡島を1周するサドイチです!
イベントとして手厚いサポートを受けれるので、
○○イチの第一歩としてちょうどいいかなと思った次第です。

佐渡ロングライドの壁

こちらは個人的に壁は3つあります。

参加申し込み

まず第一の壁としては、参加申し込みをすることです。
申し込みは先着順です。
申し込み開始日にページにアクセスできないとか、
希望のコースに参加できないとかはないので、比較的難易度低めです。
自分自身のスケジュールとやる気でポチッと参加申し込みをしてください。

宿泊場所

第二の壁としては、宿泊場所です。
佐渡島は観光地ですが、そこまでホテル数が多いというわけではありません。
ホテルが多くある場所は、港がある両津、スタート/ゴール地点の佐和田、佐和田に比較的近い相川といったところです。

ホテル検索サイトでイベント当日の2020年5月16日(土)~5月17日(日)の1泊で検索してみましたが、ほぼ空きはありませんでした。。
仕方なくですが、ツアー会社経由で申し込みなんとか佐和田にホテルを確保できました。
私はボッチ参加なのですが、ホテルの数が多くないので1人1部屋とはいかず、相部屋での予約になります。
いびきとかうるさくないといいけど。。

ホテルの場所選びに悩んでいる方へ

あくまで自走の方向けです。
佐渡まで車で来る方やレンタカーを借りる方は正直どこでもいいと思いますw

1泊の方

イベントが終わったら即帰る方は、両津がオススメです。

メリット

スタート/ゴール地点まで荷物を持って走らなくていいというメリットがあります。
両津は港があります。
イベント当日はホテルに荷物を預かってもらい、イベント終了後に荷物を回収し、フェリーに乗る。
正直この流れでないと当日帰るのは厳しいと思います。
かなりの剛脚だったりすれば大丈夫だと思いますが。。

デメリット

スタート/ゴール地点の佐和田まで約20kmほど離れています。。
道はほぼ平坦ですが、前日の受付で佐和田まで行く必要がありますので往復40kmと、
イベント当日のスタート前に20km、ゴール後に20kmが待っています。
ただ、Cコース:100kmの方はゴール地点が両津のため、Cコースの参加者には本当にオススメです。

2泊の方

イベントが終わったらもう1泊してから帰るという方は、佐和田がオススメです。

メリット

スタート/ゴール地点から近いです。
多少の自走はあるものの、両津や相川よりも朝ギリギリまで寝たり準備に時間をかけれます。
最大のメリットですよね。

デメリット

イベント前日・イベント終了後の行き帰りで、荷物を持ったまま片道20km自走しなければなりません。
港がある両津から佐和田までは約20kmほど離れています。
この区間を荷物を持った状態で自走する必要あがあります。
いかに荷物を軽くするかということがポイントですが、
荷物のパッキング方法はイベントが近くなったら紹介しようと思います。

佐渡汽船の予約

最後の壁としては佐渡までの行き方です。
佐渡(両津)までの行き方は2つあります。
フェリー・ジェットフォイル(高速船)です。

所要時間

フェリー 約2時間30分
ジェットフォイル 約1時間05分

詳細はこちらで確認してください。

違いは船の大きさと所要時間です。
車を積めるのはフェリーだけで、輪行の方はどちらでもOKです。
フェリーは大型なので、輪行の場合は基本的に乗れないことはないのですが、
車で来る方予約数が限られるので要注意です。
1等のグレードに乗りたい方も予約数が限られているので要注意です。
2等のグレードは雑魚寝ですが、乗れないとか予約できないということはないです。
3か月前から個人の申し込みができますので、3か月前になったら即申し込みましょう。
私もまだ申し込めていません。。

佐渡ロングライドへの意気込み

正直、ツールド東北が終わった9月からロードバイクに乗っていません。。
どんどん寒くなってきたのと、台風の影響で荒川サイクリングロードが浸水してしまったためです。。
ツールド東北ときは練習で荒川サイクリングロードを使用していましたが、
今回使用できないとなると練習するのでも大変な気がします。。

ツールド東北では170kmをギリギリ完走することができました。
しかし、

  • 完走することが目的になってしまったこと
  • 途中の激坂で足をついてしまったこと

が反省点です。
佐渡ロングライドは距離は210kmに増えますが、

  • 佐渡の名産と景色を楽しむ
  • 激坂で足をつかない

ことを目標に準備していこうと思います!!

-イベント, ロードバイク

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.