IT セキュリティ ネットワーク 日経NETWORK 書評

【書評・感想】日経NETWORK 8月号

投稿日:

どうも社内ニートです。

LPIC・LinuCの勉強など色々あって(サボっていて)遅くなりましたが、
ようやく日経NETWORK 2020年8月号を読みましたので、書評・感想をご紹介していきます。

気になったトピック

日経NETWORK 2020年8月号の中で私が気になったトピックです。

  • ランサムウェア攻撃の新手口が出現
  • 富岳がスパコン世界ランキングで1位に
  • ゼロトラストネットワーク入門
  • モバイルアプリでネット機器管理
  • トラブル事例
  • ネコでも分かる無線LAN

ランサムウェア攻撃の新手口が出現

今までのランサムウェア攻撃としては、
ファイルの暗号化をし、復元させる代わりに金銭(身代金)を要求してくるものでした。
もしくは、金銭の支払いに要求に応じない場合は、
ファイルを公開すると脅しをかけるという事例もあります。

コロナウィルスの影響で、企業の経営が悪化し、
復元のために金銭を支払いたくても支払えない企業が増えつつあり、
セキュリティ攻撃を仕掛ける側も、金銭をうまく収集できていないようです。

攻撃の手を止めるのではなく、
ファイルをオークションにかけるという手口が出てきたとのことです。

攻撃する側の悪知恵には毎回驚かされますね。。

富岳がスパコン世界ランキングで1位に

スパコンと言えば『京』。
『京』と言えば、『2位じゃダメなんですか?』。

その京に続く、スパコン『富岳』が、世界ランキングで1位になりました。
しかも、2位のスパコンに対して、2.8倍の性能差があるとのことです。

これは本当におめでたいことだと思いますし、
すでにコロナウィルスに効く治療薬のシミュレーションで使用されているようです。
1日でも早くコロナウィルスが収束もしくは、有効な対策がでてきて、
前のような日常に戻ることを祈っています。

ゼロトラストネットワーク入門

最近よく聞くキーワードである『ゼロトラストネットワーク』。
私も言葉自体と何となくの概要は知っていましたが、
具体的な内容までは知りませんでした。

入門とあるだけあって、
ゼロトラストネットワークの概要を知ることができました。
SaaSアプリケーションやテレワークの流行もあって、
導入が増えそうだなというように感じています。

また、少し前に(今も)クラウドシフト、SD-WANが流行しましたので、
すでに導入している企業もあるかと思いますが、
ゼロトラストネットワークはこれらを使用することで一部実現できそうと感じています。

しかし、これがゼロトラストネットワークという定義はあるものの、
どう実現するかはあまり具体化されていません。

よく取り上げられるのはGoogleの事例ですが、
完成までに8年かかったともありますので、相当難しいものと感じます。
理想やコスト、ユーザの利便性など様々な課題がありますが、
注目していきたいワードだと思います。

ゼロトラストネットワークと言えば、
こちらの本が有名ですので、読んで勉強したいと思います。

モバイルアプリでネット機器管理

スマホのアプリで設定・操作することができる機器が登場しています。
紹介されているのは、

  • シスコシステムズ:Meraki Go
  • ネットギア:Insight
  • HPE:Aruba Instant On

これらは、中小企業、ベンチャー企業、個人経営のお店などの、
比較的小さいオフィス向けの機器になります。
IT知識がなくても設定できるように、
マニュアルや専門用語を使用しないなどの配慮がされているようです。

IT苦手な人がこれらの設定を自分でやろうと思うかが問題な気がします。
触りたくない人はとことん触りたくないと思いますので。。

IT知識がなくてもよくなる機器が増えてくるのか、
情シス代行のようなサービスが流行するのかは気になるところです。

トラブル事例

今回のトラブル事例は、
ルータの故障により不要なパケットが大量に生成されてしまうことでした。

ネットワーク機器の故障は単純にポートがリンクアップしないや、
起動しないと思っていましたが、不要なパケットを大量に生成してしまうことなんてあるんですね。。

ネコでも分かる無線LAN

恥ずかしながらWPA2が突破されてしまったこと、
WPA3があることを今回の記事で初めて知りました。

もっとアンテナを高くしていかないといけないですね。

2020年8月号の感想

2020年8月号はかなり読み応えがありました。
ゼロトラストネットワークに関する記事や、
触れてはいませんが、IPv6に関する記事など、
今まで逃げていた内容が紹介されており、
逃げずに深堀りしていかなければならないなと思わされました。

WPAに関することなど、初めて知った内容も多く、
社会人歴も7年となり、そろそろ中堅かなと調子のっていましたが、
今回読んでまだまだ知らないことだらけだと、
初心に戻ることができました。

日経NETWORK

日経NETWORKはネットワークエンジニア初心者・初学者にオススメの雑誌です。


ネットワークの基礎を中心に、最新の事例や流行が紹介されています。
中級者以上には少し物足りない内容もありますが、
それでも毎号知らない単語や情報がありますので、
ネットワークエンジニア歴7年目の私も読み続けています。
日経NETWORKは大きな書店かオンラインで購入することができます。
書店で買うと1冊:2,050円するので正直高いです。

オンラインで定期購読を申し込むと
1年:18,500円(1冊:約1,542円)
3年:38,000円(1冊:約1,056円)
最大半額になります。

定期購読が自動更新となる「らくらく購読コース」にすることで、
初回のみ10%オフになり、
1年:16,650円(1冊:約1,388円)
3年:34,200円(1冊:950円)
とさらに安くなります。

私も3年契約で申し込んでいます。
お申し込みの際はこちらからどうぞ。

-IT, セキュリティ, ネットワーク, 日経NETWORK, 書評

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.