サウナ 旅行 生活

【サ旅05】水の都に聖地を訪ねる 大垣サウナ

投稿日:

どうも社内ニートです。

西の聖地や東海地方の聖地と呼ばれる大垣サウナに、
2020年12月24日のクリスマスイブに行ってきました。

サウナの聖地

サウナー界隈には聖地と呼ばれるサウナがいくつか存在します。
一番有名なのは、静岡県にあるサウナしきじ。


ドラマ『サ道』にも登場した西の聖地、熊本県の湯らっくす。

こちらもドラマ『サ道』の年末SPに登場した北の聖地、北海道の白銀荘。

サウナの種類や水風呂の種類から新しい聖地と呼ばれる東京都豊島区池袋のかるまる。

そして、今回訪れるのは西の聖地や東海地方の聖地と呼ばれる大垣サウナです。

施設紹介

大垣サウナは岐阜県大垣市にあるサウナ施設です。
大垣市は豊富な地下水から水の都とも呼ばれています。
大垣サウナは地下水を使用した水風呂や、
サウナ、ご飯、店員さんのホスピタリティから聖地と呼ばれています。

サウナ

温度は110℃とかなり高温です。
TV付きの2段構造のサウナです。
湿度は低めで少し鼻がピリッとします。
上段にいるとコゲるんじゃないかと思うぐらいに熱いです。
サウナ室の壁がカーペット素材なので、壁にもたれても熱くありません。

水風呂

温度計はありませんでしたが、体感13℃〜14℃とキンキンです。
水風呂の水質はクリアで最高です。
温度はキンキンなのですが、水質がクリアなので、
優しく包まれている感じがします。

休憩スポット

ととのいイスなどの休憩スポットはありませんが、
浴室内の壁際に風呂イスが3脚あります。

お風呂

ジェット付きのお風呂です。
サイズは水風呂と同じか少し小さいぐらいです。

サウナパンツ・タオル使い放題

サウナマットはないので、サウナパンツを履いて、
もしくはタオルを敷いて入ります。

サウナパンツとフェイスタオルは浴室入り口の棚にすぐに置いてあり、
使用したものを返却するカゴは棚の下にあります。
ロッカーの上にもタオルが置いてあり、こちらも使用可能で、
フェイスタオルよりも少し大きめのサイズ感です。
定期的に補充してくれています。

混雑状況・客層

平日の日中帯から夕方にかけてであったので、混雑はありませんでした。
客層は地元の常連の方がほとんどです。
サウナ室内での結構大きめに会話をしていたり、
水風呂にかけ湯をしてから入ることと張り紙があるのですが、
かけ湯をしない人が大半だったり、水風呂の大きめの音をたててワイルドに入ったり、
リクライナーのある休憩スペースではマスク着用が必須となっていますが、
ほとんどの方がマスクを着用していなかったりと、残念ながらサテラシーは低めでした。
これはローカルサウナの楽しみの一つでもあり、良さでもあるかなと思います。
少しサウナ室内での会話を盗み聞きしてしまいましたが、
92才のおじいちゃんが現役でサウナに入って水風呂にも入るとのことで、
私もその年齢くらいまでサウナを楽しみたいものだと思います。

セット

現在は名古屋の知人宅にお邪魔させてもらっていますので、
名古屋から大垣を目指して出発します。
名古屋駅から大垣駅はJRの快速に乗ることで35分程度で到着します。

大垣駅自体も大きめでした。

電車に乗っているときに気づいたのは、現金を持ってきていないということ。。
いつも電子マネーやクレジットカードで支払いをしているので、
かろうじて持ち歩いている小銭入れの中にある2,000円しか持ってきていません。。
入泉料の1,700円はなんとか支払えるものの、このままではサ飯が食べられない。。
銀行のキャッシュカードも持っていないので詰んだ。。
電車はすでに出発してしまっており、
引き返せないのでとりあえずは入浴だけでもということでそのまま向かいました。

大垣駅から大垣サウナまではバスで10分、徒歩5分程度です。
バスの本数は少なめで、
時間帯によっては1本逃すと次は30分後という場合があります。
バスはSuicaなどの交通系が使用できず、
独自の交通系カードでしか支払いができないとのこと。。

現金が少ないので少しでも節約すべく歩いて大垣サウナへ向かいました。
大垣駅からは徒歩20分くらいでまぁ歩けない距離ではないです。

ようやく入店です。
お金のことは一旦忘れてまずはサウナへ向かいます。

  • サウナ→水風呂→休憩
  • サウナ→水風呂→休憩
  • お風呂→サウナ→水風呂→休憩
  • お風呂→サウナ→水風呂→休憩→ととのう

サウナ室は高温で、あまみが出まくります。
そして水風呂は最高。
サウナしきじや、京都の白山湯高辻店のように水のクリアさを感じます。
ですが、サウナの湿度が低いため、
体の表面だけが温まって、体の内部は温まっていない感じがしました。
こういうときは、サウナ前に一度お風呂に入って、体を温めてからサウナに行きます。
3セット目、4セット目と繰り返して4セット目でととのうことができました。

サ飯:生姜焼きセット+瓶ビール

サウナから上がったら、お金のことを考えなければいけません。
近くに友人や知人もいないし、どうしたのものかとメールを確認していると、
11月にTOEIC受験申し込みをしていましたが、
風邪による体調不良で欠席した分の返金があることを思い出しました。

銀行振り込みかローソンなら現金で受け取ることができるとのこと。
大垣サウナからすぐ近くにローソンがある!!
ダメ元でお金をおろしに行っていいか確認するとすぐ戻るならOKとのこと、
ありがとうございます!!
ということで6,000円ほどの現金を手に入れた私は、念願の食事にありつけます。

豚ロース生姜焼き1,100円+セット+300円と瓶ビール600円をいただきました。


セットにすることで、ご飯、赤だし、お新香がつきます。
これで300円は少し高めだなと思いましたが、
赤だしにあさりが入っているので、300円という値段に納得です。
瓶ビールは大瓶で600円は安いですね。
生姜焼きもご飯も赤だしも全てが美味しいです。
生姜焼きは厚切りの豚ロースで豚肉の旨みとタレの味がベストマッチで、
ご飯にもビールにも合う一品でした。

セット②

リクライナーで持参した本を読みながら休憩していたら、
サウナとお酒の影響かいつの間にか寝落ちしていて、起きたら17:00過ぎでした。
20:00過ぎには名古屋に戻っている必要があるので、急いで2セットを行いました。

  • お風呂→サウナ→水風呂→休憩→ととのう
  • お風呂→サウナ→水風呂→休憩

1セット目から無事にととのうことができました。
意気揚々と大垣サウナを後にします。
現金を手に入れたのでバスで帰ろうとしましたが、
目の前でバスが出発してしまい、次は30分後。。
タクシーも通っていなかったので、結局帰りも徒歩で帰りました。

総評

水風呂の水質とご飯の美味しさは噂通りでした!!
建物の外観はよく言えば年季が入っている、悪く言えばボロいですが、
館内は綺麗に清掃されており、快適に使用することができました。
聖地と呼ばれる理由がわかります。

駅から離れているので、
バスの本数や交通系ICが使えないことでアクセスは少し悪いところと、
地元の方々のサテラシーは気になるところかなとは思います。
まぁこれがサ旅であり、
ローカルのサウナの楽しみの一つでもあるので、良さでもあるかなと思います。

施設情報

住所:〒503-0808 岐阜県大垣市三塚町1222
電話番号:058-478-4000
営業時間:11:00〜翌1:00(土曜日のみ通し営業)
料金:入泉料 1,700円
     夜9時以降 1,100円
     朝風呂(日曜日、6:00〜9:00) 600円
カード・電子マネー:現金のみ
宿泊:可(土曜日のみ)
注意事項:男性専用施設

-サウナ, 旅行, 生活

Copyright© NWWブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.