IT セキュリティ ネットワーク 日経NETWORK 書評

【書評・感想】日経NETWORK 2021年3月号

投稿日:

どうもNWWです。

日経NETWORK2021年3月号を読みましたので、書評・感想をご紹介していきます。

気になったトピック

日経NETWORK2021年3月号の中で私が気になったトピックです。

  • GitHubに三井住友銀行の一部コードが流出
  • 接触確認アプリ「COCOA」で不具合
  • 楽天モバイルが新料金を正式発表
  • 通信プロトコル徹底入門

GitHubに三井住友銀行の一部コードが流出

この問題でGitHubを禁止した企業もあると思いますし、
ファイルの持ち出しの制限が厳しくなる企業もあると思います。
セキュリティ対策とユーザの利便性は相反するものなので、
企業側がどう対策を取るかが気になるところです。

あとは流出させた方が40代で年収300万円というところも気になりました。
安く買い叩かれているのも日本のIT業界の悪いところです。
とはいえ環境・年収がもっとよい企業もたくさんありますので、
結局のところは本人次第といったところでしょうか。

接触確認アプリ「COCOA」で不具合

「COCOA」の不具合が発生したことには興味はないのですが、
COCOAの多重下請け構造が発覚したことに興味があります。
GitHubの件もそうですが、日本のIT業界の悪いところが露呈したなと思います。

各社得意分野があるので、
複数社が1つの案件に絡むということはあるあるですし、
別に悪いこととは思っていません。
何か理由があって下請けに発注するなら理解ができますが、
中抜のために下請けに発注するなら受注するなよと思いますが、
会社としてはリソースも食わないので、起こり得るのでしょうか。

あとは、品質管理とか工程管理って何?って毎回思います。
私もシステムとかアプリのことは詳しく分かりませんが、
ネットワーク業界でもネットワークのことを知らなくても、
PMと称して仕事ができてしまうのが怖いなと思います。

楽天モバイルが新料金を正式発表

Docomo、au、Softabank、楽天の4社が揃い、格安SIMの動向を気にしていましたが、
格安SIMは各社20GB 1,880円(税込み2068円)を狙ってきています。
それなら+500円~1,000円くらいしてキャリア回線使うかなというのが印象です。
楽天1GB以下なら無料ほどのインパクトがないですね。

個人的な話になるのですが、私はiPhoneXで楽天回線を使用しています。
古いiOSですとFaceIDが使えなくて不便だったので、
FaceIDを使えるようにする対策が最新のiOS14.4にアップデートすることでしたので、
何も考えずにアップデートしたら楽天回線が使えなくなりました。
どうやら公式が対策をしてiOS14.3以降は裏技が効かなくなったようです。
怪しげな下駄と呼ばれる機械を購入することで使えるようになるらしいですが、
Amazonで調べると2,000~3,000円くらいと人柱になるには躊躇するお値段しますので、
一旦放置して圏外の状態で使用しています。

乗り換えるかを検討したのですが、
圏外でもWi-Fi環境下であればSMSも発信も着信も非通知になってしまいますが、
楽天LinkでSMSも電話も可能です。

在宅勤務で家にいることがほとんどなので、常にWi-Fi環境下にいますので、
ぶっちゃけ圏外でもあんまり困らないんですよね。
しばらくはこの状態で運用していこうと思います。

全く話は変わりますが、
キャリア業界の値下げは、いち消費者としては嬉しいのですが、
IT業界に身をおく人間としては多少危機感を覚えます。
キャリアがNW機器メーカーやSIer(NIer)へ値下げ交渉などが始まっていると耳にします。
キャリアへの依存度は各社高いと思うので、
すぐには影響はでないかとは思いますが、
連鎖的に色々な企業で痛手となるかと思っています。

通信プロトコル徹底入門

シーケンス図が間違っていましたので一応指摘しておきます。
デフォルメして記載されているのかもしれませんが、
TCPのクローズは『FIN』→『FIN+ACK』→『ACK』ではなく、
『FIN+ACK』→『FIN+ACK』→『ACK』です。

セッション確立の3wayハンドシェイクは一般的ですが、
クローズ処理はあまり取り上げられないので、
いずれ、応用情報かネスペで出題されるのではと予測してみたり。。

日経NETWORK 2021年3月号の感想

今月号はある程度の経験があるネットワークエンジニアからすると物足りない内容でしたが、
今月のメイントピックである通信プロトコル徹底入門は、
初心者・初学者や情報システム部の方にはオススメな記事ではあると思いました。

日経NETWORK

日経NETWORKは企業の情報システム部門に勤める方々や、
ネットワーク・インフラエンジニアの初心者・初学者にオススメの雑誌です。


ネットワークの基礎を中心に、最新の事例や流行が紹介されています。
中級者以上には少し物足りない内容もありますが、
それでも毎号知らない単語や情報がありますので、
ネットワークエンジニア歴7年目の私も読み続けています。
日経NETWORKは大きな書店かオンラインで購入することができます。
書店で買うと1冊:2,050円するので正直高いです。

オンラインで定期購読を申し込むと
1年:18,500円(1冊:約1,542円)
3年:38,000円(1冊:約1,056円)
最大半額になります。

定期購読が自動更新となる「らくらく購読コース」にすることで、
初回のみ10%オフになり、
1年:16,650円(1冊:約1,388円)
3年:34,200円(1冊:950円)
とさらに安くなります。

私も3年契約で申し込んでいます。
お申し込みの際はこちらからどうぞ。

-IT, セキュリティ, ネットワーク, 日経NETWORK, 書評

Copyright© NWWブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.