FortiGate IT セキュリティ ネットワーク 日経NETWORK 書評

【書評・感想】日経NETWORK 2021年5月号

投稿日:

どうもNWW(ぬー)です。

日経NETWORK2021年5月号を読みましたので、書評・感想をご紹介していきます。

気になったトピック

日経NETWORK2021年5月号の中で私が気になったトピックです。

  • 集合住宅のVDSLをFWAに置き換え
  • 楽天モバイルの累計申込数が390万回線を突破
  • 実機を動かして学ぶUTM
  • トラブルから脱出

集合住宅のVDSLをFWAに置き換え

FWAって何?という疑問も浮かびますが、
ざっくりとしてはインターネット回線のラストワンマイルを、
ローカル5Gで行いましょうという取り組みです。

お住まいのアパートやマンションによっては、
ユーザが接続するラストワンマイルに、
電話線を用いるVDSLタイプにしか対応していない場合があります。
新たにLANケーブルや光ケーブルを敷設する場合は工事が必要で、
その工事を行うためには管理組合の許可が必要となる場合が多く、
なかなか移行が進まないというのが現状です。
そこで、ラストワンマイルにケーブルではなくローカル5G(ワイヤレス)で行うことで、
工事不要で通信速度を上げましょうという取り組みが今回の記事の内容です。

残念ながら現状では、機器(モデム)の位置によっては狙った通信速度がでないことや、
機器自体の価格が高いことから商用化までは至らなかったとのことでした。

幸いにも今住んでいる家は光ケーブルを使用できていますので、
通信速度的には不自由なく使用できています。
ただ、引越しの度に回線工事の立ち会いを行いますが、
中々工事の予約が取れなかったり、土日は追加料金を取られたり、かなり面倒くさいです。
WiMAXやSoftbank Airのように工事不要のサービスもありますが、
通信速度がでないことや通信量に制限がかかることが懸念事項です。
通常の回線のラストワンマイルがワイヤレス化されることで、
工事不要でモデムを設置するだけでよくなったりするかもしれませんので今後に期待です。

楽天モバイルの累計申込数が390万回線を突破

楽天モバイルが390万回線を突破したというより、
正式にiPhoneに対応したということが何よりも嬉しいです。

私は未だにiPhoneXを使用していまして、
これまでは有志の方が作成したプロファイルを読み込ませて無理矢理使用してきていました。
2021年3月にiOSを14.4.1にバージョンアップした際に、
プロファイルを用いた方法が使用できなくなり、
楽天モバイルが使えなくなる状態(圏外)になるということが発生しました。
在宅なのでWi-Fi環境下にいますので、LINEが使えることでなんとかやっていましたが、
この度の正式対応で私のiPhoneXもサポート対象となり、
2021年4月27日から無事に圏外から脱出することができました。

楽天モバイル自体には2020年5月で申し込みましたので、
1年の無料期間はもうすぐ終わってしまいますが、
月の使用量1G以内なら無料で使用することができますので、
引き続き楽天モバイルを使用していきます。(今の所の予定では。。)

実機を動かして学ぶUTM

2021年5月号のメイントピックです。
Sophos XG Firewall Home Editionという無料のUTMソフトウェアを使用して、
FWの基本的な設定、DDoS対策の設定、VPN接続といった、
よくある設定例が解説されています。

UTMを勉強したいという方にはよい内容だと思います。
私もForiGateに関する記事を書いているので、そういう意味では参考になりました。

記事のタイトルだけ読むと、
てっきりForiGateなどを使用して解説するのかなと思っていましたが、
無料のUTMなんてあるんですね。

トラブルから脱出

WindowsやMacのOSアップデートによって、
回線がひっ迫し、切り替わりが発生してしまうという内容でした。
トラブルの解決策として、新たにインターネット回線を引き、
その回線を利用してアップデート関連の通信をブレークアウトさせるという内容でした。

個人的に注目したいのは新たに引いたインターネット回線が、
業務用のギャランティ回線ではなく、
個人用のベストエフォートタイプの回線であるということです。
ギャランティ回線は費用が高価ですので、
安価なインターネット回線が採用される理由はわかります。
副回線やブレークアウト用としてベストエフォートタイプは多く利用されていますが、
回線輻そうによる遅延や品質の問題などが発生しますので、
今後はこういった問題が再熱しそうだと考えています。

日経NETWORK 2021年5月号の感想

今月号は可もなく不可もなくでした。
各記事読み応えがあってよかったのですが、これっ!という記事がなかった気もします。
私はネットワークと言ってもSEではないので、技術が偏りがちなのですが、
担当していないワイヤレスや5G、セキュリティの情報が得られるので、
これからも日経NETWORKを引き続き読んできます。

【おすすめ】日経NETWORKの定期購読で安く購入

日経NETWORKは企業の情報システム部門に勤める方々や、
ネットワーク・インフラエンジニアの初心者・初学者にオススメの雑誌です。


ネットワークの基礎を中心に、最新の事例や流行が紹介されています。
中級者以上には少し物足りない内容もありますが、
それでも毎号知らない単語や情報がありますので、
ネットワークエンジニア歴7年目の私も読み続けています。
日経NETWORKは大きな書店かオンラインで購入することができます。
書店で買うと1冊:2,160円するので正直高いです。

オンラインで定期購読を申し込むと
1年:19,500円(1冊:約1,625円)
3年:40,000円(1冊:約1,111円)
最大半額になります。

定期購読が自動更新となる「らくらく購読コース」にすることで、
初回のみ10%オフになり、
1年:17,550円(1冊:約1,462円)
3年:36,000円(1冊:約1000円)
とさらに安くなります。

私も3年契約で申し込んでいます。
お申し込みの際はこちらからどうぞ。

【おすすめ】日経NETWORKをさらに安く購入する方法

中古でもよいという方はメルカリで購入されることをオススメします。
読み終わった方々が1冊800円~1,500円程度で出品されていますので、
新品で購入するよりも安く購入することができます。

もちろん読み終わった後にメルカリで売ることもできますので、
送料と手数料を引いて500円~1200円程度で売れるかと思います。
上手く行えば、『実質タダ』で読むこと可能ですので是非ご利用してみてください。

買うのも売るのも面倒くさいと思うかもしれませんが、
やってみると案外簡単で楽ちんです。

-FortiGate, IT, セキュリティ, ネットワーク, 日経NETWORK, 書評

Copyright© NWWブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.