IT セキュリティ 日経NETWORK 書評

【書評・感想】日経NETWORK 2021年6月号

投稿日:

どうもNWW(ぬー)です。

日経NETWORK2021年6月号を読みましたので、書評・感想をご紹介していきます。

気になったトピック

日経NETWORK2021年6月号の中で私が気になったトピックです。

  • 大規模DDoS攻撃が頻発
  • NTTドコモがahamoの有償サポート
  • オートネゴシエーション

大規模DDoS攻撃が頻発

2021年1月から3月の3ヶ月間で大規模なDDoS攻撃が頻発していたようです。
背景としてはビットコインの高騰が影響していると言われているようです。

ビットコインを始めとした仮想通貨は、
ランサムウェアの身代金の支払い方法としても用いられますので、
仮想通貨の高騰がサイバー攻撃の頻発化を招くことにも理解できます。

一時期700万円以上の値段を付けたビットコインも、
6月現在は400万円程度とかなり値下がっています。
ということは、サイバー攻撃も落ち着くのかなと思うと同時に、
マイニングにより高騰している、グラフィックボードの価格も落ち着いてほしい所存です。
1年前くらいは3万円ぐらいで販売されていた、GTX1660 Superが今じゃ6万円です。。

NTTドコモがahamoの有償サポート

NTTドコモが提供するahamoは月額3000円程度で利用できますので、
今までのキャリアの料金からすると破格の価格設定です。
ですが、オンライン専用のプランとなっています。

ネットが使えない(苦手な)お年寄層から、
見捨てるのかと反発があったとかなかったとかで、
ドコモショップでの有償サポートを始めたとのことです。
料金は1回3300円と月額料金よりも高額です。

私が大学生の頃だったかに、
Twitterのアカウント設定を3000円だったかで代行するサービスを、
家電量販店が提供していて高額すぎると話題になっていました。
当時は高いと思っていましたが、今思うと妥当な金額だと思います。

当然このサポート料金も妥当な金額ですし、
オンラインという正規のルートが用意されていますので、
正規じゃないルートを使用するのであればそれ相応の金額がかかって当然と考えます。

と同時に、私が年をとったときに、
オンラインから申し込めないような人にならないように時代についていこうと思いました。

オートネゴシエーション

Speed/Duplexを自動で認識するオートネゴシエーションについて紹介されていました。
オートネゴシエーションの仕組み自体は簡単ですが、
どうやって認識するのかまで紹介されていました。

このオートネゴシエーションは結構忘れた頃に引っかかります。
よくあるのは閉域サービスやギャランティタイプの回線と接続する際、
回線側が100M/Fullや10M/Fullのように指定されている場合が多くあります。

普段Speed/Duplexなんて気にしないので、
つい設定を忘れて、100M/Halfでリンクアップさせてしまい、
その後の検証でなんか通信が遅いと思って、
気づくということは結構あるあるではないでしょうか。
その度に低いレイヤーから疑っていくのは重要と気付かされます。

日経NETWORK 2021年6月号の感想

今月号も読み応えは可もなく不可もなくという感じです。
今回はL1・L2の内容が多くネットワークという感じが強かったと思います。

最近多いのは設定手順を紹介している記事ですが、
正直レイアウトが見にくいです。
設定手順以外にも図がページをめくらないと確認できないことも多いです。
せっかくの面白い記事も無駄になってしまいます。

【おすすめ】日経NETWORKの定期購読で安く購入

日経NETWORKは企業の情報システム部門に勤める方々や、
ネットワーク・インフラエンジニアの初心者・初学者にオススメの雑誌です。


ネットワークの基礎を中心に、最新の事例や流行が紹介されています。
中級者以上には少し物足りない内容もありますが、
それでも毎号知らない単語や情報がありますので、
ネットワークエンジニア歴8年目の私も読み続けています。
日経NETWORKは大きな書店かオンラインで購入することができます。
書店で買うと1冊:2,160円するので正直高いです。

オンラインで定期購読を申し込むと
1年:19,500円(1冊:約1,625円)
3年:40,000円(1冊:約1,111円)
最大半額になります。

定期購読が自動更新となる「らくらく購読コース」にすることで、
初回のみ10%オフになり、
1年:17,550円(1冊:約1,462円)
3年:36,000円(1冊:約1000円)
とさらに安くなります。

私も3年契約で申し込んでいます。
お申し込みの際はこちらからどうぞ。

【おすすめ】日経NETWORKをさらに安く購入する方法

中古でもよいという方はメルカリで購入されることをオススメします。
読み終わった方々が1冊800円~1,500円程度で出品されていますので、
新品で購入するよりも安く購入することができます。

もちろん読み終わった後にメルカリで売ることもできますので、
送料と手数料を引いて500円~1200円程度で売れるかと思います。
上手く行えば、『実質タダ』で読むこと可能ですので是非ご利用してみてください。

買うのも売るのも面倒くさいと思うかもしれませんが、
やってみると案外簡単で楽ちんです。

-IT, セキュリティ, 日経NETWORK, 書評

Copyright© NWWブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.