Cisco FortiGate IT ネットワーク

【キャプチャ画像で詳解】EVE-NGのインストール方法

投稿日:2020年4月9日 更新日:

どうも社内ニートです。

ネットワークエミュレータであるEVE-NGのインストール方法をご紹介します。

ネットワークエミュレータ

ネットワークエミュレータはネットワーク機器を仮想的に動作させるソフトです。
ネットワークエミュレータの主な使用用途としては、自宅での勉強だと思います。
書籍等で知識を付けることも重要ですが、
何よりも重要なことは実機を操作するという実務経験です。

自宅で実機を何台も動作させることは、
実機を揃えることや場所・電気代を考えてもなかなか難しいです。
ネットワークエミュレータを使用すれば検証環境もPC1台で済みます。

便利なネットワークエミュレータですが、無料で使用することができるものもあります。

ネットワークエミュレータのデメリット

検証環境がPC1台で済み、無料で使用することができるメリットがある一方で、
ネットワークエミュレータにはデメリットが2点あります。

OSイメージを用意する必要がある

エミュレートするネットワーク機器のOSイメージはご自身で準備する必要があります。
正直OSイメージを入手することが一番ハードルが高いです。

正規のOSイメージの入手方法は下記の2通りです。
海外サイトから無料ダウンロードすることは、
ライセンス違反ですし、マルウェア感染の恐れがありますのでお控えください。

1.お勤めの会社がパートナー企業であること

お勤めの会社がパートナー企業であれば、OSイメージをダウンロードすることが可能です。
Cisco社のパートナー企業であれば、
様々なIOS(OSイメージ)をダウンロードすることができます。
その他メーカでもパートナー企業相当であれば、
自由にOSイメージをダウンロードできるかと思います。

2.自分で購入した中古機器から抜き取る

お勤めの会社がパートナー企業でない場合は、
ヤフオクや秋葉原で中古機器を購入して、OSイメージを抜き取る方法しかありません。
例えばGNS3でよく使用されるCisco7206を中古で購入しようとすると、
ヤフオクでは機器の程度にもよりますが、5000円~15000円くらいが相場かと思います。
ネットワークエミュレータは無料ですが、
OSイメージを入手するのに少し自腹を切る必要があります。

ある程度の高スペックのPCが必要

5台程度のエミュレーションであれば、PCのスペックを気にしなくていいかと思いますが、
10台も20台も動作させるのであれば、特にメモリ量に気をつける必要があります。
最低でも16GB以上、32GB以上あれば安心だと思います。
CPUはintel社のcore-iシリーズ相当が搭載されていれば問題ないと思います。

主なネットワークエミュレータ

主なネットワークエミュレータは3種類です。
どれがオススメというのは使用用途によって異なりますし、
ご自身が使いやすいものを使用されるのがいいと思いますので、
まずはインストールされて使ってみることをオススメします。

GNS3


一番有名なネットワークエミュレータはGNS3だと思います。
エミュレートできる機器はCisco社がメインですが、
VMと組み合わせることで様々なメーカをエミュレートすることが可能です。
自分でOSを用意する必要がありますが、GNS3自体は無料で使用することができます。
書籍も販売されていますし、日本語の記事数が多いので、
インストールから動作させるまでに困らないと思います。

EVE-NG


今回インストール方法をご紹介するのが『EVE-NG』になります。
GNS3よりも様々なメーカをエミュレーションできることが魅力です。
こちらもOSは自分で用意する必要がありますが、無料で使用することができます。
英語ですが公式のドキュメントが充実しています。
日本語の記事もちらほら見かけます。
私がインストールする際に少しハマったので、インストール方法をご紹介します。

VIRL


最後にご紹介するのがCisco公式のネットワークエミュレータのVIRLです。
1年間使用できるライセンスが$199(約20,000円)します。
有料なだけあって、
Router、L2Switch、ASA、NEXUSといったOSイメージがあらかじめ用意されているので、
自分でOSを用意する必要がありません。
OSイメージを入手するために中古機器を購入するよりも安く済むかもしれません。
ごく稀にセールを行っており、私は12月頃開催されるブラックフライデーで、
約15,000円で購入することができました。
インストールするまでであれば、
日本語の記事も、英語ですが公式のドキュメントもあります。

EVE-NGのインストール方法

お待たせしました。
それでは、EVE-NGのインストール方法をご紹介します。
インストール自体はそこまで難しくなく、
10分~15分もあれば終わる内容だと思います。

インストールする環境

今回はWindows10にインストールをしていきます。

必要となるソフトウェア

EVE-NGをインストールするにあたり、必要となるソフトウェアがあります。
あらかじめインストールしておいてください。
■VMware Workstation Player


■Google Chrome

必ずしも上記のソフトウェアでなくても大丈夫です。
VirtualBOXや他のブラウザでも問題ありませんが、
今回は上記のソフトを使用してインストール方法をご紹介していきます。

手順1:EVE-NGをダウンロード

まずはEVE-NGをダウンロードします。
下記URLにアクセスしてください。



上記URLから『DOWNLOAD』に遷移して、
『Free EVE Community Edition Links and Info』
のOVFファイルをダウンロードしてください。
『EVE-NG Professional/Learning Center Version 2.0.6-44』ではなく、
『Free EVE Community Edition Links and Info』をダウンロードしてください。
もう一度言います。『Pro』ではなく、『Free』をダウンロードしてください。

ここが私がハマったポイントです。
ハマったポイントがしょうもなさ過ぎて、
他の方の記事には記載されていないかと思います。。
サイズが1GBくらいあるので、ダウンロードに時間が結構かかります。
お使いのインターネット次第ですが、ダウンロードする時間が一番長いかもしれません。

手順2:VMware Workstation Playerへインストール


ダウンロードしてきたファイルはZIPで圧縮されていますので、解凍してください。

解凍したフォルダの中にOVFファイルがあることを確認してください。

次にVMware Workstation Playerを起動し、『仮想マシンを開く』を押下します。

先ほどのOVFファイルを選択してください。
『新規仮想マシンの名前』は任意なので、お好きな名称を入力してください。

読み込みが完了したら、左側に仮想マシンが出来上がります。
対象の仮想マシンを選択し、『仮想マシン設定の編集』を押下してください。

仮想マシンの設定で、『プロセッサ』を選択し、
『Intel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化』にチェックが入っていることを確認してください。

仮想マシンの設定で、『ネットワークアダプタ』を選択し、
ネットワーク接続の方法で『ブリッジ』を選択してください。

詳細設定を押下し、ブリッジさせたいPCのNICを選択してください。
画像がマスクされていてわかりづらいかと思いますが、ブリッジのイメージはこのようになります。
設定が完了したら『OK』を押下して、設定を閉じてください。

簡単に言えば、無線を使用しているのであれば無線のNICを選択、
有線を使用しているのであれば有線のNICを選択すれば基本的にはOKです。
設定は以上で完了です。

設定が終わったら仮想マシンを起動します。
『仮想マシンの再生』を押下してください。

手順3:EVE-NG初期設定


起動するとログインプロンプトが表示されます。
IDはroot、初期PWは『eve』となっていますので、
それぞれ入力してログインしてください。

rootの初期パスワードを変更しますので、お好きなパスワードを入力してください。
入力し終わったら『Enter』キーを押下してください。

先ほど入力したパスワードをもう一度入力してください。
入力し終わったら『Enter』キーを押下してください。

ホスト名を指定します。指定がある場合は任意の値を入力してください。
特にこだわりがなければ、このまま『Enter』キーを押下してください。

ドメイン名を指定します。指定がある場合は任意の値を入力してください。
特にこだわりがなければ、このまま『Enter』キーを押下してください。

IPアドレスの割り当て方式を『DHCP』か『Static』かを決めます。
今回はStaticを選択します。
選択方法は『↑』『↓』キーで遷移して、『Space』キーで選択することができます。
(*)となっている方が選択されたということです。
選択し終わったら『Enter』キーを押下してください。

構成としては、
仮想マシンには『192.168.11.200』
サブネットは『255.255.255.0(/24)』
デフォルトゲートウェイは無線ルータ『192.168.11.1』
を割り当てていきます。

割り当てたいIPアドレスを入力してください。

サブネットを入力してください。

デフォルトゲートウェイを入力してください。

プライマリDNSサーバを入力してください。

セカンダリDNSサーバを入力してください。

NTPサーバを入力してください。
こちらは必須項目ではないので、不要であれば空欄で構いません。

最後にプロキシ配下の場合はプロキシサーバを指定することができます。
プロキシサーバがない環境、
もしくは使用したくない場合は『direct connection』のままでOKです。
こちらでEVE-NGの基本設定は終了で『Enter』キーを押下すると再起動がかかります。

再起動後に『root/指定したパスワード』でログインしてください。

指定したIPアドレスに対して、
Teraterm等のターミナルソフトを用いてSSHログインすることも可能です。

最後にインターネットにアクセスできること、名前解決できることの確認を行います。
『ping yahoo.co.jp』のように、
適当なインターネット上のホスト名やFQDNに対してpingを行ってください。
pingに応答があれば、正常にインターネットアクセスや名前解決ができていますので、
これにてEVE-NGの初期設定は完了です。

手順4:GUIログイン

EVE-NGはGUIベースで操作を行っていきます。
ブラウザにて『192.168.11.200(先ほど指定したIPアドレス)』を入力してください。

ログイン画面が表示されますので、
ID:admin
PW:eve
Native console

を入力・選択し、『Sign in』を押下してください。

ログインすることができれば、EVE-NGのインストール自体は全て完了となります。

さいごに

今回はEVE-NGのインストール方法をご紹介しました。
私はGNS3もVIRLも使用したことがありまして、
EVE-NGを軽く使用してみた感想としては、結構使いやすいと思います。
やはり簡単に色々なOSを動作させることができるのが魅力ですね。
FortiGateとCiscoでIPSecを張ったりと色々なことが検証できますので、
検証の幅が広がりますね。
今回はEVE-NGのインストール方法のみをご紹介しましたが、
1記事にまとめると情報量が多くなりすぎるので、(力尽きたので。。)
OSイメージの追加や基本操作は別記事にて紹介します。

-Cisco, FortiGate, IT, ネットワーク

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.