IT ネットワーク

【20代で年収500万円以上狙える!!】ネットワークエンジニアの年収

更新日:

どうも社内ニートです。

世の中エンジニアは稼げると騒がれています。
最近ではプログラミングスクールが流行っていますね。
エンジニアと言っても色々な種類のエンジニアが存在します。
今回はその中でも、私の本職でもあるネットワークエンジニアの年収についてフォーカスしていきます。

ネットワークエンジニアとは


ネットワークエンジニアとはネットワークに関する技術を主に扱うエンジニアです。
と言ってもどんな仕事かはわからないと思いますが、
カフェや街でWi-Fiにつないでインターネットを見ることができたり、
会社や学校でインターネットを見ることができるのは、
ネットワークエンジニアの仕事のおかげなのです。
実際は色々なことをしていますが、端的に言えばどこかからどこかへ繋なげる仕事です。

稼げるか稼げないか

ネットワークエンジニアは稼げます!!
20代で年収500万円以上は余裕で稼げると思います。
実際に私は学部卒で22歳から働き初めて、
24歳で年収500に到達し、
転職を1回し、27歳である現在は年収650万円まで到達しています。

企業別ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアに限った話ではありませんが、年収を高めるためにはどの会社に勤めるかが重要です。
そこで、ネットワークエンジニアが働いているであろう主な会社をピックアップしました。
あくまで個人的調査の結果になります。
記載している額は20代で貰えるであろう最大年収を記載しています。

20代:年収300万〜400万円

地方IT企業

地方にあるIT企業を指します。
地方にある大手企業の子会社ではなく、地方の地元密着型のIT企業です。
私の出身大学は地方国立大学で、この地方IT企業の求人をよく見かけました。
新卒の就活で説明会にも何社か参加しましたが、
その時見た感じとしては20代で年収300万円代でした。

小規模特定派遣会社

特定派遣は派遣会社の正社員として雇われて、
派遣されるという派遣制度です。
この中でも小規模な特定派遣会社の場合は20代で年収300万円代くらいで、
正直会社によってはもっと少ないです。

20代:年収400万円〜500万円

大規模特定派遣会社

例:アデコグループ、etc
大規模な特定派遣会社の場合は20代で年収400万円くらいです。

地方大手子会社

例:地方デー子、地方メー子、etc
地方にある大手企業の子会社を指します。
本社は首都圏だが、勤務は地方の場合もこちらに当てはまるかと思います。
こちらは20代で年収400万円くらいです。

デー子・メー子とは
デー子

NTTデータの子会社、略してデー子です。
NTTデータの子会社だけで100社以上あります。
NTTデータ○○みたいな企業です。

メー子

メーカの子会社、略してメー子です。
メーカとは富士通や東芝、NECと言った企業になります。
富士通○○や東芝○○といった企業です。

20代:年収500万円〜600万円

一般派遣

特定派遣と違い、派遣会社の正社員ではなく、
派遣会社に登録して、派遣会社経由で企業へ派遣されます。
特定派遣よりも給料が高いです。

首都圏・関西・中京の大手子会社

例:首都圏・関西・中京のデー子・メー子・ユー子、etc
先程のデー子・メー子・ユー子の本社が首都圏・関西・中京にある企業です。
地方だか勤務は首都圏のような場合もこちらに該当します。
地域手当や住宅補助があり、これらが地方よりも多いため年収も高くなります。
地域手当は2〜3万円、住宅補助は1〜2万円程度高くなるかと思います。
地域手当がボーナスの加算対象だったりするので、結果地方と比べて年収が100万円程度違ってきます。

ユー子

ユーザ子会社略してユー子です。
親会社の情報システム部門(IT部門)を子会社として設立した会社です。
デー子・メー子・ユー子のようなグループにされるケースが多いです。

中規模キャリア会社

例:IIJ、アルテリアネットワークス、etc
IIJやアルテリアが中規模の会社かと言われるとそうではないと思いますが、
後述の通信キャリアと比較すると規模は小さいかと思いますので、このような表現を使用しています。
年収としては他の大手企業を比較すると一段階低い印象です。

大手企業

例:ネットワンシステムズ、TIS、SCSK、etc
大手企業でも最大手と比較すると一歩見劣りする印象です。

20代:年収600万円〜700万円

最大手企業

例:NTTデータ、NRI、富士通、CTC、etc
東証一部に上場している業界最大手企業です。
残業量や個人の評価によってはもう少し高い場合があります。

大手通信キャリア

例:NTT東日本、NTT西日本、NTT docomo、NTTコミュニケーションズ、KDDI、Softbank、etc
大手通信キャリアです。
最大手企業並みの年収が望めます。

20代:年収700万円〜

外資系企業

例:Cisco、Microsoft、Amazon、etc
20代で1,000万円とかの高年収を狙うのであれば、外資系企業一択です。
ネットワークエンジニアとしての年収は最高峰です。

その他

フリーランス

調査不足で申し訳ないですが、
ネットワークエンジニアでフリーランスをしている方には会ったことがありません。
一般派遣がフリーランスに近いかなと思います。
フリーランスでネットワークエンジニアとして、
勤務されている方がいらっしゃいましたらご連絡ください。。

ベンチャー

ベンチャー企業の情報システム担当とかインフラ担当のように、
後述の情報システム部に近いと思います。
年収は業界によりけりです。

情報システム部

こちらも業界によりけりです。
大手企業の情報システム部であればそれなりの年収が見込めますし、
中小企業の情報システム部であれば、そこまで高い年収は見込めません。
情報システム部を狙って入社することは、中途入社でないと難しく、
情報システム部は人気のあるポジションなので、競争率が高いです。

キャリアパス

新卒入社で20代で年収500万円以上を狙う

新卒入社の狙い目は首都圏・関西・中京のデー子、メー子、ユー子です。
親会社に新卒で入社するのと比較して入社するハードルがかなり低いです。
入社後もそれなりに頑張っていれば20代で年収500万円以上は確実です。

中途入社で20代で年収600万円以上〜を狙う

大手企業・最大手企業・通信キャリアを新卒入社で狙うのにはハードルが高いです。
これらの新卒入社の方の学歴を見ていると旧帝大、首都圏国公立大、早慶上智が多い印象です。
競争率も高いので、学歴だけでなく就職活動もそれなりに努力する必要があります。
ですが、中途入社ならそこまでハードルは高くありません。
資格や自分の行った仕事を適確に説明できればこのクラスの企業に中途入社できます。
私も中途入社でこのクラスの企業に入社し、年収650万円まで到達できました。

中途入社でのキャリアアップは+100万円まで

20代での中途入社の場合は年収300万円代の企業から、
年収400万円代の企業にキャリアアップすることは容易だと思います。
しかし、年収500万円代の企業や600万円代の企業にキャリアアップすることは難易度が高くなります。
それは案件の規模や業務内容が全く異なってくるためです。
業務内容が近しいのは+100万円が目安です。
年収300万円の人が年収400万円の企業に派遣で行くことはあると思いますが、
年収500万円や600万円の企業に派遣で行くことは中々ないと思います。
100%無理ではないですが、資格を沢山持ってるとか、難関資格を持っていると言った、
何か突出するものがないと難しいです。

まとめ

ネットワークエンジニアになれば20代で500万円以上を稼ぐことは容易です。
大学受験や就職活動で失敗しても、転職でまだまだ挽回できます!!
社会人になってからも勉強が続いてしまうのがエンジニア職の運命ですが、
他の業種よりも高い年収は望めますし、努力した分が年収に跳ね返りますので、
上を目指していきましょう!!

最後に。。

私個人的な意見としては、年収は高ければ高い方がいいと思います。
しかし、年収が高くなれば、それなりの仕事量やスキルを求められます。
自分自身のライフバランスと合った仕事量、年収を目指すことが幸せかと思います。

-IT, ネットワーク

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.