IT Linux ネットワーク ビジネス 資格

【ネットワークエンジニアなら簡単】大企業の正社員になる方法

投稿日:

どうも社内ニートです。

今回は簡単に大企業の正社員になる方法をお伝えします。
私もこの方法で現在は東証一部上場の大手企業の正社員になっています。

大企業の正社員になる一般的な方法

大企業の正社員になる一般的な方法は、新卒で入社することです。
新卒入社できればいいのですが、2つの難関ポイントがあります。

難関ポイント①:高学歴

1つ目の難関ポイントは大企業へ入社には高学歴が必要です。
大企業の新卒の方の学歴は旧帝大や早慶上智といった難関大学の方が多いです。
こういった難関大学に入学するためには、
高校生や中学生の時から勉強に励むことが必要となってきます。

難関ポイント②:就職活動

2つ目の難関ポイントは就職活動です。
大企業となると何倍、何十倍といった倍率を勝ち抜かなければなりません。
勝ち抜くために、大学4年間は勉強やサークル、ボランティア活動に一生懸命取り組み、
就活時にはSPI試験や面接練習といった様々なことに真剣に取り組まなければなりません。

簡単に大企業の正社員になる方法

難関大学に入れなかったか方も、大企業に入れなかった方も諦めてはいけません。
簡単に大企業の正社員になる方法があります。
それは中途入社で大企業へ入社することです。
ただし、次の3つの条件が必要です。

20代であること

1つ目の条件は20代であることです。
20代ではまだ業務経験も技術も中途半端かもしれませんが、
ポテンシャル採用という言葉があるように、
今はまだまだだが20代でこれだけできているから、
この先はもっと成長するだろうというポテンシャルを見られます。
また、25歳以下であれば第二新卒扱いになる場合もあります。
30代になれば技術や業務経験の要求度合いも高くなりますので、
それに応じて入社する難易度が高くなってしまいます。

最終学歴が大卒以上であること

2つ目の条件は最終学歴が大卒以上であることです。
大企業の場合、募集要項に【大卒以上であること】と記載されているケースが多いです。
ここで記載されている大卒というのは難関大学である必要はありません。
大卒=4年生大学という意味で、いわゆるFラン大学でも構いません。
新卒の際も大卒以上と記載がありますが、中途入社の場合は意味が異なります。
今まで、どういう業務を行ってきたか、どういう技術(資格)があるのかという点を主に見られます。
学歴はあるに越したことはありませんが、なくても大丈夫です。
ですが、高卒・高専卒・専門卒・短大卒の方は対象外となってしまいます。
中には大企業でも大卒であることが募集要項に含まれていない企業もありますので、根気よく探して見てください。

ネットワークエンジニアであること

3つ目の条件はネットワークエンジニアであることです。
転職サイトの募集件数を見ると、Web系エンジニアの数が圧倒的に多いですが、
Web系エンジニアはベンチャーやスタートアップ企業の割合がかなり高いです。
一方で、インフラエンジニア(ネットワーク・サーバ)は募集件数の数は少ないですが、
大企業の割合はWeb系エンジニアと比較するとかなり高いです。
サーバエンジニアの方も大企業の正社員になりやすいとは思いますが、
業界標準としてWindow系かLinux系があります。
企業はLinux系のエンジニアを求めていても、
本人はWindowの経験しかない場合はミスマッチで採用で落とされてしまいます。
一方で、ネットワークエンジニアの場合は業界標準がCiscoと1つだけです。
Ciscoができれば最低限OKのため、総じて考えるとネットワークエンジニアが最適と考えます。

中途入社で大企業の正社員になる方法

それでは、中途入社で大企業の正社員になる具体的な方法です。

新卒では大企業の子会社・大規模特定派遣会社へ入社する

もちろん新卒ではまず大企業を第一希望に狙ってください。
その上の保険として、大企業の子会社かアデコグルーブ等の大規模特定派遣会社を狙ってください。
この条件は必須ではありませんが、オススメの理由としては2つあります。

手厚い研修制度

新卒=未経験です。そのために入社後すぐに研修があります。
大企業の子会社は大企業とほぼ同じような研修を受けることができ、
大規模特定派遣会社は派遣しないと売り上げに繋がりませんので、
早く派遣に出すためにしっかりとした研修が行われます。
研修制度は入社直後だけでなく、それ以降も定期的に研修があったり、
資格を取ったら〇万円のような合格祝い金の制度も企業によってはあるかもしれません。

大企業で仕事ができる

大企業の子会社はその親会社へ派遣される場合が多いです。
大規模特定派遣会社も派遣を求めているのは大企業が多いため、
大企業へ派遣される場合が多いです。
なので大企業の入社前から大企業の仕事を経験することができます。
つまり、大企業へ入社後もイメージのずれなく仕事をすることができます。

大企業の子会社の詳しい記事はこちら

大企業の子会社であるデー子・メー子についてはこちらを参考にしてください。

資格を取得する

入社したら資格を取得してください。
オススメの資格は下記になります。

  • 必須:CCNA
  • 必須:CCNP
  • LPIC Level1
  • クラウド系資格
  • ネットワークスペシャリスト

1年に1個ペースで構いませんので、
1年目にCCNA、2年目にCCNPのように毎年取得していってください。
業界標準のCiscoの資格であるCCNAとCCNPは必須で取得しましょう。
他は任意です。取得していればもちろんプラス評価です。
独学で勉強するのもいいですが、
せっかくの大企業の子会社や大規模特定派遣会社です。
研修の制度を大いに利用しましょう。
こちらも詳しくは別途記事にしていますので、参考にしてください。

新卒で入社した会社は最低2年間在籍する

新卒で入社した会社は余程酷くない限り、最低2年は在籍して下さい。
在籍期間が短いと業務経験が少なすぎることと、
入社してもすぐ辞めるのではと疑われます。
大企業は昔ながらのザ・日系企業という文化のところが多く、ここら辺は重く見られます。

現職の業務に全力で取り組む

現職の業務には全力で取り組んでください。
どうせ転職するからと現職の業務を適当にしてはいけません。
先程最低2年間在籍する中で現職の業務に全力で取り組むことで、
様々な業務を経験することができます。
基本的な仕事は半年あれば、慣れますし必要なことは吸収し尽くせます。
慣れてきたり、学ぶべきことがなくなったなと感じたら、
次の案件・業務に入れてもらうか掛け持ちをさせてもらえるよう上司に相談してみましょう。
最低2年の中で2〜3個の案件・業務を経験できるとよいかと思います。

2年経ったら転職活動の開始

資格の勉強をしながら、全力で現職の業務に取り組んで2年経ったら、
大企業に入社できる力がついていますので転職活動を開始しましょう。
きっと大企業の正社員として入社できるはずです!!

まとめ

新卒で大企業へ入社するには

  • 難関大学に合格する
  • 何十倍の就職活動に勝つ

ことが求められます。
一方で中途入社なら

  • 大学卒業であればよい
  • 大企業の子会社、大規模特定派遣会社に入社
  • 入社後に資格・業務に全力で取り組む

これらで大企業の正社員となることができます。
新卒で入社することよりも中途入社の方が、
大企業の正社員になることは難易度が低いはずです。
皆様もこの方法で大企業の正社員を目指してみてください!!

-IT, Linux, ネットワーク, ビジネス, 資格

Copyright© 社内ニート@ネットワークブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.