サウナ 資格 銭湯

【サウナー必須資格】サウナ・スパ健康アドバイザーを取得してみた【難易度低め】

投稿日:

どうもNWW(ぬー)です。

このたび、サウナ・スパ健康アドバイザーを取得しましたので、
取得方法や勉強時間など紹介していきます。

サウナ・スパ健康アドバイザーとは

どんな資格なの?

サウナ・スパ健康アドバイザーは日本サウナ・スパ協会主催の資格です。
簡単に言えば、サウナやスパをもっと楽しむための正しい知識を
身につけることができる資格となっています。

「サウナ・スパ 健康アドバイザー」は、温浴施設の従業員や利用者が、サウナやスパに関する正しい知識を身につけ、お客さまへのサービス向上や、ご自身の健康増進に活用されることを目指して、公益社団法人 日本サウナ・スパ協会が2014年に新たに設立した認定資格です。
公式サイトより引用

資格の内容

テキストは3つの章から構成されています。

  1. サウナ・スパ健康法
  2. サウナ・スパ後のボディケア
  3. サウナ・スパ施設内での応急手当

資格取得を通して、健康的にサウナ・スパに入る方法やボディケアの方法、
万が一のときの応急手当の方法を学ぶことができます。

試験の申込み

どこから申し込むの?

試験の申込みは公式サイトより行います。
試験会場で受ける資格ではないので、通年いつでも申し込むことができます。


サウナ・スパ健康アドバイザーに申し込むと、
テキスト・試験問題と解答用紙・返送用封筒の一式が送られてきます。
私の場合は2021年1月6日(水)に申し込みを行い、
2021年1月10日(日)に届きました。(約5日間)

勉強方法・勉強時間

勉強方法は?

勉強方法は市販のテキストや問題集が販売されているわけではなく、
送付されてくるテキストを読んで勉強を行います。

どのくらい勉強すればいいの?

テキストは1時間もあれば読み終わることができるボリュームです。
テキストの内容もサウナ・スパに関することなので楽しく学習することができます。

試験場所・試験の難易度

どこで受験するの?

試験は自宅で受験します。
試験問題はテキストから出題され、
テキストを見ながら解答することができます。
試験はむずかしい?

試験は全25問の選択式です。
見直しを含めて20分~30分あれば余裕で解答することができるかと思います。
テキストを見ながら解答することができるので取得難易度はかなり低いです。
ほぼほぼ100%合格することができるのではないでしょうか。

試験後はどうすればいい?

解答し終わったら解答用紙を返送用封筒に入れて返送します。
基準点を満たして合格していれば、
ディプロマ(合格証書)・カード・ピンバッチが送付されてきます。
私は2021年1月11日(月)に返送をして、
2021年1月19日(火)に受領しました。(約9日間)

取得費用

試験費用はいくらかかる?

テキスト・試験・返送用封筒一式で、
5000円+代引き手数料(330円)の合計5,330円かかります。

代引き払いですが、クレジットカードによる支払いも可能です。
不合格となることはないかと思いますが、
不合格となった場合は1,000円で再受験することができます。

取得するメリット

取得するメリットは2つあります。

  1. サウナ・スパ施設で割引を受けることができる
  2. サウナ・スパの正しい知識を身につけることができる

サウナ・スパ施設で割引を受けることができる

サウナ・スパ健康アドバイザー最大のメリットは、
サウナ・スパ施設で割引を受けることができます。

割引を受けることができる施設は限られていますが、
名だたる施設で割引を受けることができます。
私が行ったことがある施設の中から割引対象となる施設をご紹介します。
草加健康センター(埼玉県草加市)


サウナセンター(東京都台東区)

アスティル(東京都港区新橋)

両国湯屋江戸遊(東京都墨田区両国)

スカイスパYOKOHAMA(神奈川県横浜市)

ウェルビー栄・今池・名駅(愛知県名古屋市)



湯らっくす(熊本県熊本市)

その他多くの施設でも割引を受けることができます。
割引額は施設によって異なりますが、
100円~500円程度の割引を受けることができます。

詳細は下記リンクよりご確認ください。

サウナ・スパの正しい知識を身につけることができる

テキストを読んだり、試験を通して、資格本来の目的である、
サウナ・スパの正しい知識を身につけることができます。

私自身サウナやスパに関する基本的な知識は、
本や漫画、雑誌を通して結構知識を身につけていたつもりでしたが、
正しいと思っていた入浴方法も実は間違っていたりと初めて知る内容もあり、
とても勉強になったと感じています。

取得するデメリット

強いてあげるとすればデメリットは3点あります。

  1. 取得費用がかかる
  2. 勉強時間がかかる
  3. 趣味レベルの資格である

割引を受けれるというメリットが大きいので、
ほぼデメリットはないものと思います。

取得費用がかかる

資格取得のために5,330円かかります。
万が一不合格となった場合の再試験で追加で1,000円かかる場合があります。

取得費用はかかりますが、メリットで申し上げた割引を受けれることを考えると、
資格自体に有効期限はないので、長期的に見れば余裕で元が取れると思います。

勉強時間がかかる

テキストを読んで、試験問題に解答するという時間がかかります。
かかる時間は合わせて1時間~1時間半程度ですので、
そこまで時間がかかるというわけではありません。

趣味レベルの資格である

サウナ・スパに関する正しい知識は身につくのですが、
難易度からもわかるようにあくまで趣味レベルの資格です。

この資格があるからと言って、
この資格が免許になっていて何かできるようになるとか、
就職に役に立つとかはありません。

さいごに

サウナ・スパに関することが学べて、合格したらサウナ施設から割引を受けれる。
サウナ・スパ健康アドバイザーはそんな一石二鳥の資格だと思います。
サウナ・スパ健康アドバイザーを取得してよいサウナライフを!!

-サウナ, 資格, 銭湯

Copyright© NWWブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.